バリフの基本的な飲み方/併用禁忌薬は?

バリフの基本的な飲み方/併用禁忌薬は?

バリフはED治療薬レビトラのジェネリック。

レビトラといえば即効性が高い治療薬として知られています。個人輸入サイトの通販で購入できるため、手に入り安く人気です。

通販では医師処方なしで購入する事が国にも認められていますが、自己判断での購入となるため、医師や薬剤師に用法や用量を説明してもらう事ができません。使用に関しては自分で調べて把握しておかなくてはならないのです。

そこで今回はバリフ通販が気になる方のために、薬の飲み方や併用禁忌薬についてご説明していきたいと思います。

バリフの飲み方をチェックしよう!

バリフの飲み方をチェックしよう!

バリフは1回1錠10mgを性行為の約1時間前に水かぬるま湯で服用します。
服用間隔は24時間ですので、次に摂取する場合は必ずこの時間を開けなくてはいけません。

バリフ1錠は20mgですので、ピルカッターでカットし半錠にして飲むと良いでしょう。
なお10mgで効果が薄いと感じた場合、副作用が発症していない方に限り20mgに摂取量を増やす事ができます。

最大摂取量が20mgまでですので、これを超えての服用は絶対にしないようにしましょう。

服用からどれくらいで効果が現れる?持続時間は?

バリフの有効成分のバルデナフィルは水に溶けやすく、体内へ吸収されるスピードが早いです。
そのため薬の効果が現れるまでが早く、即効性が高い事で知られています。

服用してから15~30分ほどで効果が現れ始めるでしょう。

また、1度効果が現れると5~9時間効果が持続します。薬が効いている間に性的な興奮があれば何度も勃起が可能です。
ED治療薬を飲んで早く効果を実感したいという男性にバリフはオススメ。

食事の影響を受けづらいバリフ

バルデナフィルは水に溶けやすい性質であることから吸収が早いため、食事の影響を受けづらいとされています。

とはいえ、全く受けないワケではありません。バリフの効果を最大限に発揮したい人は空腹時に摂取する事が望ましいでしょう。
もし食事をする場合も、800kcalに抑えるようにしてください。

800kcalで治まる食べ物はコチラを参考にどうぞ。

飲み合わせの悪いもの

バリフと飲み合わせの悪い物はグレープフルーツです。グレープフルーツにはフラクノマリンという成分が含まれており、この成分は副作用を増強させる恐れがあります。
よって薬を飲む時は、グレープフルーツを食べない、それが含まれている加工品(ジュースなど)も摂取しないようにしましょう。

知っておくべきバリフの併用禁忌薬

知っておくべきバリフの併用禁忌薬

併用禁忌薬とは飲み合わせの悪い薬を指します。

併用禁忌薬と一緒に服用してしまうと、それぞれの薬が過剰に効きすぎたり、効果が打ち消されたり、場合によっては重篤な副作用を招く恐れがあり、大変危険です。
なかには命を危険にさらすこともありますので、併用禁忌薬を服用している方はバリフの使用を避けましょう。

硝酸剤
抗不整脈薬(ニトログリセリン、亜硝酸アミルなど)
抗ウイルス薬
抗真菌薬

有効成分のバルデナフィルは併用禁忌薬がバイアグラなどのED治療薬に比べて多いです。上記に当てはまらなくても、普段から服用している薬がある方はかかりつけの医師に相談するようにしてください。

投稿日:

Copyright© 勃起力・即効性ピカイチ!バリフを通販で購入しよう , 2019 All Rights Reserved.