バリフ以外のレビトラジェネリックもみてみよう!

バリフ以外のレビトラジェネリックもみてみよう!

レビトラジェネリックで人気のバリフ。実はバリフ以外のレビトラジェネリックもあります。いずれも個人輸入サイトから通販でき、手軽に購入可能です。

レビトラジェネリックのほとんどはインド製であることをご存知でしょうか?インドの製薬技術は高く、ジェネリック大国と呼ばれているほど。世界中に医薬品が流通しているんですよ。

今回はインドの製薬事情を説明しつつ、バリフ以外のレビトラジェネリックをご紹介していきます。

インドがジェネリック大国であるワケ

ジェネリックは先発薬の有効成分や製造法の特許が満了を迎えることで販売が許可される薬品の事。
すでに研究済みの成分による製薬となるため、開発費用が抑えられます。成分が同じであるので同様の効果がありながら、低価格で販売が可能です。

レビトラジェネリックのほとんどがインドの製薬会社から発売されています。
インドのジェネリック事情は日本や欧米と比べて少し特殊。

レビトラの有効成分バルデナフィルはまだ特許を満了しておらず、本来であればジェネリックは流通出来ないのです。

しかしインドの医薬品の特許法は他の国々と異なり、物質特許がありません。そのため、特許が切れていない成分であっても薬を開発し、流通させることができるのです。

そんなインドの製薬技術は高く、ジェネリック大国と呼ばれる程。発展途上国の医療にも大きく役立てられています。

レビトラジェネリック代表バリフが通販できなくなる!?

なんとそんなインド発のED治療薬レビトラのジェネリック「バリフ」がいずれ通販出来なくなります。

レビトラの製造元バイエル社がバリフの製薬会社アジャンタファーマ社に圧力をかけたためです。

自社製品よりも安く、効果も同じであれば確かにそうなってもおかしくないかもしれません。結果としてはバリフは製造中止が決定されました。

しかし新たに製造されないというだけで、在庫がある限りは流通がされています。

もし、バリフが売り切れたとしてもその他のレビトラジェネリックの存在を知っておけばシフトチェンジも可能です。

ではバリフ以外のレビトラジェネリックをご紹介していきましょう。

バリフ以外のレビトラジェネリック

以下の治療薬は通販でも人気のあるレビトラジェネリックです。

レビスマ

レビスマ通販

製薬会社 スマート
20mg×4錠 1,800円

スマート社は商品の監修の一部をインド在住の日本人が行っているので安心感のある製薬会社です。
錠剤が20mgであるため、服用の際はピルカッターで半錠(10mg)にして摂取しましょう。

サビトラ

サビトラ通販

製薬会社 サバメディカ
10mg×10錠 1,790円

インドでの設立が2003年であるサバメディカ。新しい製薬会社ですが、世界保健機関通称WHOの認可も受けている会社でもあります。
価格も安く手を伸ばしやすいです。

ジェビトラ

ジェビトラ通販

製薬会社 サンライズレメディ
20mg × 10錠 ¥2,330

サインライズレメディもWHOの定める医薬品の製造管理、品質管理の基準に基づき、高い品質の医薬品製造に取り組んでいる製薬会社です。

世界保健機関(WHO)の定めるGMP(医薬品の製造管理および品質管理に関する基準)に準拠した品質の高い医薬品の製造に取り組んでいます。

上記の治療薬の通販方法や流れなどはバリフと同じです。通販に関する詳しい事はコチラも併せてご覧ください。

レビトラのジェネリックを通販して、EDを克服していきましょう!

更新日:

Copyright© 勃起力・即効性ピカイチ!バリフを通販で購入しよう , 2019 All Rights Reserved.